当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

そこまでやる?結婚するために足のサイズを9cmにする中国

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/03

china-foot
「美のための痛み」は世界中の女性に共通するコンセプトですね。髪を染めたり、ムダ毛を剃ったり、不快なハイヒールに足を無理やり入れたり、体の一部を変えるために手術までする人もいるのです。

そして「纏足」が、中国人女性のそれに当たります。「纏足」とは、足を縛り、たった9センチほどに小さくするものなのです。

この纏足は、言うまでもなく、言葉に表しきれないほどの激痛を伴います。それだけでなく、骨も折れ、曲がってしまう上にそこから細菌が入り、病気に感染してしまう恐れもあるため、衛生上の悪習慣として位置づけられています。

ton1

この「纏足」は最初、1912年に禁止されましたが、こっそりと纏足の習慣は行われていました。南中国のユンナン省にはその残酷な経験の体験者がまだ何人か残っているのです。

ワン・リフェンの母親が彼女の足を纏足し始めたのは、彼女がまだわずか七歳の時でした。纏足のためにつま先の骨は折れ、それをバンデージでぐるぐる巻きにしていたのです。

彼女の母親が他界しても、ワンさんはその習慣を続けました。現在79歳のワンさんはもう痛みさえ覚えていないと言います。

「母が亡くなってからは自分で自分の纏足をしていたたため、骨が折れる前に辞める事ができたのです。若い骨は柔らかく、折れやすいのです。」

と彼女は語ります。

その当時、纏足は社会的地位のシンボルで、よりお金持ちの男性を惹きつけ、結婚するための唯一の方法だったのです。

ワンさんのケースでは、彼女の義母が足の小さい女性を自分の息子にと要求しており、小さい足を保っていたワンさんが結婚相手に選ばれたのです。

リウイクン省の郊外に住むゾウ・ガイゼンさんは、政府が1912年に纏足を禁止した際に政府の検閲をごまかそうとしていた事を今でも覚えています。

「政府が検閲に来るときは母親が私の足をバンデージで巻いて、大きい靴に入れることで、纏足をしていないように見せていたのです。」

と語ります。

裕福な家庭に生まれたガイゼンさん。また、纏足を行ったことで、お金持ちの男性と結婚し、更に富を得ることができたのです。

しかし、纏足を公開している、とガイゼンさんは語ります。

「ダンスをすることもできないし、適切に動くこともできない。とても後悔しています。でも、纏足をしないと誰も結婚してくれる人はいなかったのです。」

激痛を伴う纏足。女性を苦しめ、そしてそれを経験した人は一生、その痛みと不快、そして不便を引きづることになります。

それでも、女性として幸せに生きたかっただけの中国人女性には、纏足以外の選択は無かったのです。

かわいそう!おかしな事。クレイジーだ。
痛そうすぎる。そして変だ。
最低!
なぜ、この文化は女性や小さな女の子にこんなひどいことをするのだろう。
人々は、「美」のためにクレイジーなことをするものね!
足自体はすごくセクシーに見えると思う。でも、変形していたり、骨が折れていたりしたら全然セクシーじゃないわ!少なくとも、国際的なスタンダードで言えばね。
みんなは纏足をクレイジーとかおかしいとか言うけれど、ピアスとか、タトゥー、整形だっておかしいことじゃないかしら。
足の指が折れるのはどんな感じかなんとなくわかるけれど、足全体が折れているなんて!こんなホラーな足じゃなく、自分の足は大きくて健康的で良かった!
変だし・・気持ち悪い・・・そんな事しないと結婚できないのなら、私だったら、結婚なんかせずに独身でいて、ハッピーでいるわ。
気持ち悪い。キレイになるために努力している人は好きだけど、女性にこんなことして欲しくないな。全然美しくないし。
これは、ひどすぎるわ。とても痛そうだし、女性が結婚するためだけにこんなことをして、それでも結局夫はその女性を大事にしないなんて。
この習慣は中国では今禁止されています。そしてその当時理想だった9センチの足のサイズは、ちょうど金の蓮の花のサイズにあたるのです。でも、誰もその9センチに縮めることはできなかったのですよね。
ぜんぜん美しくなんか無いわ。より変に見せるために努力するなんて。クレイジーな人たち!私たちの文化にはこんな変な習慣が無くて本当に良かった!
オンラインで纏足について読んだけど。。悲しすぎる。特に小さな女の子には。これは拷問でしかないわ。私なんて、ハイヒールさえ履かないわ。ハイヒールは不快に見えるし、あの小さな靴に自分の足を詰め込むなんて、考えられないもの。どんなにリッチでも、絶対履かない。流行なんてどうでもいいの。
中国では、まだこの習慣は実践されているのかな?もうこの習慣は長く禁止されているとはいうけれど、皆最初に禁止されてからもずっと行っていたんだろう?田舎の、まだ伝統的な村とかでは行われていそうだな。
これは、気持ち悪すぎるな。見ているだけで気分が悪くなってくる。
とても痛そうだわ。美は痛を伴うとは言うけれど・・
これは、社会的地位を表すものであったのよね。お金持ちほどこの習慣を行っていたんでしょ。痛みなしには成功なしというからね・・・
実は、中国ではまだ纏足が行われているのです。そんな話は聞かないけれど、それは、纏足が中国では法律違反だからなのです。でも、中国では多くの人がこの習慣を実践しているのです。
私だったら絶対にこんなことしないわ。一生独身でいても構わない。なぜ、これが美しく見えるのかしら?私達の文化にはこんなことが無くて良かったわ。

痛そうという声と、自分はこのような習慣を実践しなくて良い状況にあってよかったと言う声が多いですね。

纏足された足を見ているだけで、自分の足も痛くなってきます。多くの声が示しているように、私も自分をここまで痛めつけることなく幸せに活きることのできる日本でよかったと思います。

日本では最近「健康的な美」が美しいとされており、ヨガやピラティス、ジョギングなどに励む女性が増えています。そしてそれは、とても幸せな事だと思うのです。

纏足は美の基準であっただけでなく、当時女性が自分で働くこともできなかった中国では纏足をして、足の骨を無理矢理折って、足を小さくすることが、結婚することができる条件だったのです。

なんだか、辛そうだなとおもいませんか?
整形大国である他国ほど整形が主流になることもなく、生まれ持った体を大事にしながら生きる権利を十分に楽しむことのできる日本に生まれて、本当に良かったなと思います。

女性の美は、健康から。そうして健康に気を遣ったり、健康的に美しく痩せる事に気を配ったり、オーガニックの食材を選んで食べたり。そんな価値観を大いに良いと思える日本人で良かったなと、心から思うのです。

(参考)http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=8966942

纏足も見ていて痛々しいと思うけど、ピアスやタトゥーも同じく痛々しく思う。

纏足をしないと結婚ができない時代があったなんて、どこか曲がっているし間違っていると思う。日本にそのような考えや時代がなくてよかった。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.