当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

日本人の祖先が明らかに!?文字を持たないアジア南部の少数民族ミャオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/26

w642
中国南部からベトナム、ラオス、タイなどの山岳内陸部にはミャオ族と呼ばれる少数民族が生活しています。彼らは洗練された衣装や装飾で注目されていますが、文字を持たない人々として注目を浴びているのです。

文字を持たない民族

ミャオ族(苗族)は世界に約1100万人いますが、900万人は中国で生活しています。貴州省を中心に湖南省、雲南省などが主な居住地。ミャオ族という名称は中国共産党が建国後に付けた分類名に過ぎません。

自らはモン族の名称で呼ぶことが多いようです(便宜上、ここではミャオ族と呼びます)。彼らは独自の文化や伝統を持っていますが、国家や国民・民族という大集団としての意識はあまり強くないようです。

01

02

彼らの特徴はなんといっても独自の文字を持たない農耕民族であること。縄文人やアイヌ人、古代西欧のケルト人などもそうですが、多くは狩猟または騎馬民族です。

彼らはコミュニケーションの手段として独自の言葉を使っていましたが、それを文字として記録しなかったのです。その代わりに歴史を記憶してそれを口頭伝承して来たのです。

日本最古の歴史書は奈良時代の『古事記』ですが、その内容は稗田阿礼が記憶していた内容を口述し、太安万侶が筆録したのです。『古事記』は全3巻で、文字数はなんと55,000文字。無文字社会の「語りべ」の能力は凄いですね。

資料がないので謎だらけ

とは言っても、口頭による歴史伝承は検証することが難しいのが実情。ミャオ族の歴史については判らない部分が多いのです。研究では彼らは中国に住んだ最初の人々と考えられています。

伝説では紀元前2500年頃、ミャオ族が仕えた蚩尤(しゆう)は漢族の王、黄帝との戦いに破れます。黄帝の皆殺しを逃れたミャオ族は北京周辺から南下し、長江流域で稲作文化を発展させます。そして現在の山間内陸部に移り住んだとされています。

それでも彼らが非常にユニークな文化と伝統も持っていることは間違いありません。漢族とは明らかに異なる民族衣装や装飾、舞踊などはとても魅力的です。

黒の伝統衣装に銀の精緻な髪飾りで踊る姿は圧巻です。また、ミャオ族は美しい人が多いことでも知られています。

03

04

ミャオ族を紹介する動画には多くのコメントが寄せられています。

私はモン族の流れを汲んでいます。モン族はミャオ族の1系統です。親の代がアメリカに移民してきました。
伝統的な文化を大切にしている美しい民族ですね。
中国国内のミャオ族の人々は3つの系統に分かれるんでしょう。これって住んでいるエリアが違うってこと??民族としては同じなの??
3つの系統は方言によって分かれています。文化や伝統についてはほとんど変わりません。
ミャオ族の人々は現在の北京の辺りから南下してきたんだね。中国版の民族大移動だ。
彼らは蚩尤を祖先だと信じている。でもその根拠はない。だって蚩尤自体が実在したか判らない神話の神だから。
彼らが漢族に追いやられたことには同情します。末永く幸せに生きて欲しいです。
1940年代から中国共産党によってかなり洗脳教育が行われている。現在、タイやラオスで生活しているミャオ族の方が伝統文化を維持していると思う。
文字を持たないのに高い文化を築いてきた民族とは面白いね。言葉だけでの伝承か・・・でもその内容は少しずつ変わっているかも。検証のしようがないけど。
そりゃそうさ。100%完全に口頭伝承するのは無理だろうね。
太古の文化を引き継ぐ愛すべき人々。
ミャオ族の人々は系統によって文化に違いがあるように感じるわ。中央ミャオ族の事が記事になることが多いけど、西部ミャオ族の事も取り上げて欲しい。

人口比率で一番大きな割合なのは西部ミャオ族です。ただし中央ミャオ族はまとまって生活をしているから、取材しやすいだけ。

彼らはとても熱心に民族舞踊を踊るね。とても健康的!
彼らは古い文化に固執しすぎている。今は21世紀なんだから、もっと生活スタイルを変えるべきです。
伝統文化は人々のアイデンティティにも関わる大切なもの。変革を決めるのは彼らの問題であり、漢族が変化を強要する問題ではない!
もしミャオ族が彼らの伝統文化を守ることを止めたらすぐに漢族などの大きな民族に取り込まれてしまう。

アメリカに渡ったミャオ族が伝統を失ってしまった例もそうだ。アメリカで固有の文化を失ったミャオ族はアジア系アメリカ人でしかない。

確かにアメリカに渡ったミャオ族は残った人々のように民族舞踊は踊れない・・・・
私は彼らのダンスは素晴らしいと思う。機会があれば習いたいわ。
できればミャオ族ではなくモン族と呼んで欲しいわ。
共産党の漢族はミャオ族の伝統を徹底的に弾圧してきました。この現状を世界中の人々に知って頂きたい。
子どもの頃、母は私の祖先について詳しく語ってくれました。私も自分の子どもにそれを伝えていこうと思います。これは口伝には文字では伝わらない温かみがあると思っています。モン族であることに誇りを持っています。
文字はあった方が絶対に良い。歴史を正確に伝えることができます。多くの文明は文字で文化や歴史を後世に伝えてきました。文字を持たなかったミャオ族についてはほとんど判っていません。
私はミャオ族の末裔ですが、遠い先祖の王、蚩尤だと親から聞きました。
ミャオ族は美人が多いことで知られています。
ミャオ族の口承の伝説はとても興味深いですね。民俗学者は彼らに強い関心を持っています。
彼らの民族衣装は素晴らしい。とても洗練されています。

このミャオ族は日本人の祖先の1つで、稲作文化をもたらした渡来人とも言われています。中国大陸で南下したミャオ族は黒潮や対馬海流で台湾や九州北部にやっていたというのです。

中国では春秋戦国時代で国内が戦乱で荒廃していた頃。日本ではまだ縄文時代後期から弥生時代前期です。そのためでしょうか、ミャオ族と日本人には発酵食品を好み、漆や絹を使うなどの文化的共通点が多いのです。

05

最新のDNA研究から渡来した弥生人と国内の縄文人は平和的に共存して同化していったと事が判明しています。

水田を使った稲作栽培など高い文明を持ったミャオ族と縄文の日本人がお互いに協力して国の礎を築いたと考えると歴史のロマンを感じますね。ミャオ族の美しい棚田には日本の棚田の原風景があるようです。

(参考)https://en.wikipedia.org/wiki/File:Miao_musicians.jpg

ミャオ族と日本人の関係が気になる。顔見ても日本人っぽいし。日本の古事記も55000文字を全て覚えていたなんてビックリだ。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年12月26日 10:30 PM

    古代モン族は漢蛮族に追い立てられ、
    命からがら日本列島へ辿り着き、
    先に暮らしていた縄文人は彼らを暖かく迎え、
    我々日本人の祖先群に加わりました。
    めでたし、めでた…
    嗚呼なんということだろうか、
    海の向こうから漢蛮族がやって来て
    朝貢しろと言ってきて、そして今に続く…

  2. 日本の名無しさん
    2016年12月26日 11:06 PM

    項羽が劉邦に買っていたらモン族が東アジアの支配民族になっていたのか?

  3. 日本の名無しさん
    2016年12月26日 11:58 PM

    先祖って言うけど絶対色んなの混じってるでしょ。

  4. 日本の名無しさん
    2016年12月27日 3:03 AM

    水耕稲作は長江文明から伝わっているからね。
    照葉樹林帯地域で長江流域と関東以南の気候や植生が似ていた。
    朝鮮半島には向かない品種だし、海流も大陸南部からでないと大量渡航は不可能。
    除福は長江文明を滅ぼした黄河文明側であり、黄河文明の人々は長江文明の人々のことを米や魚を食べる異民族で倭人と呼んでいた。
    3000前の寒冷化で黄河文明の民族が南下して長江文明が滅ぼされ、
    周辺に逃げて行った。
    この時期に日本で水耕稲作が盛んになってくるが、
    その時期と口承の神話である神武天皇の時期が一致する。

  5. 日本の名無しさん
    2016年12月27日 5:53 AM

    棚田なんつったらフイリピンの世界遺産になってるのあるしな。
    先祖の一つっても元々住んでるのが本来の先祖なんだよ。狩猟や魚貝海草や木の実や草や山菜茸なんか食ってたのが先だ。

  6. 日本の名無しさん
    2016年12月27日 8:32 AM

    なんでDNA研究で「渡来した弥生人と国内の縄文人は平和的に共存し」なんてことが分かるんだ?

  7. 日本の名無しさん
    2016年12月27日 12:27 PM

    稗田阿礼は各地の文献を暗記した。いろんな文字で書かれていたし、30年かけてもまだ覚えきれないほどの文献があったと記録しているのに、記紀以外の文献は無かったことになっている。

  8. 日本の名無しさん
    2017年1月6日 12:20 AM

    日本人のルーツってかなりいろんな説があるよね。
    個人的にはユダヤ人との繋がりが結構面白いと思う。日ユ同祖論を読んでると、血筋とか民族的な繋がりは直接なくても、何かしら歴史の中で接触あったんじゃないかと期待する

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.