当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

いくら健康志向でも絶対無理!ワインの瓶底にあの赤ちゃん?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/03/19

W220
旅行先でお店に入ると、リラックスした雰囲気で軽く一杯…なんていうのが私たち日本人の旅行の楽しみ方の一つです。その土地ならではのオリジナルのお酒を楽しむのが旅の醍醐味なんていう人もいるでしょう。

お酒を注文するときに何でできているのか、どのような味かを尋ねることはもちろんしますが、もしそのお酒はある動物からできていますと言われたら、みなさんは注文し試してみる気になるでしょうか?

果たしてそんなことがあるのかと思ったあなた、実はあるのです…。

目を疑う!ワインの中に…

っx
この飲み物は元はと言えば韓国の習慣ですが、現在は中国でもごく一般的になっています。題して「ねずみ入りワイン」、ねずみの赤ちゃんから精製されたアルコール飲料です。

この飲み物に使われるねずみの赤ちゃんは、母ねずみのお腹から出てきたところを直接、この米からできたワインの瓶に移されます。つまり産まれたてなので、毛もない目も閉じたあの胎児の状態ということです。

ちなみにこのお酒、アルコール度数は50度以上でかなり強いです。こうやってある一定の期間この瓶の中に浸されることで発酵し、ねずみの赤ちゃんからエキスが抽出されワインの味が完成するというわけです。

我々日本人にとってはなんともエキゾチックな飲み物で不快にまで思えるこの飲み物ですが、発祥地韓国では数百年も前から飲まれており、主要な栄養源、エネルギー源として多くの人に親しまれています。

健康に良いからってあなたは飲めますか?

健康にとてもいいそうで、例えば韓国人によると、この飲み物はぜんそくの治療や肝臓疾患の治療にとても効果的だそうです。それに、出産後の女性の体力回復にも一躍かうそうです。

ちなみにお店で注文するときには、コップで頼むともちろんワインだけが注がれるので、ネズミの赤ちゃんを直接見ることはないでしょう。韓国中国に旅行に行って飲み物を頼む際には、注文する前に何でできているか尋ねてみるのが賢明かもしれません。

さて私たちの概念からはとても受け入れがたいエキゾチックなこの飲み物、世界の人々の反応はどのようなものでしょうか。

グラスに物体が注がれないならギリギリセーフのラインだな。
恐ろしくて飲み物も頼めなくなりそうだ…。少なくとも中国語でネズミって言葉を勉強してからレストランやバーに行ったほうが良さそうだな。絶対に頼む前に確かめるようにするよ。
さそりとか蛇とか、中国の酒にはいろいろ入っているのが普通なのに、なんでねずみになると嫌気がさすんだろう。感覚の問題なのかな。
ネットの写真で見たけど、本当にあの毛のない目の閉じたねずみの胎児が何匹も列になって瓶の底に入ってるんだよ!衝撃的だったね…。
ハムスターとかペットとして飼うことに慣れている私たちにとって、予想もつかない習慣だわ。
産まれたてってことはあの母親を慕っている瞬間に、親から引き離されるってこと?この仕事をする人はなにも感じないのかしら…。
その土地オリジナルの酒って、熟成方法もひねってあってうまみも違う。何が入っていようがそこの味だから試してみたい。
ねずみの赤ちゃんにとっては生き地獄が待っているのか…。そりゃアルコール度数50度に浸されたら生きる余地もないよな。
俺の友達が試したらしいけど、全然おいしくなかったらしいよ。ガソリンみたいな味がするって。勇気を振り絞って飲んだ酒がガソリンの味だなんて、挑戦する気も失せるな。
まだ大人のネズミの肉を食べますとかだったら理解できるけど、あの毛のない赤ちゃんだろ?いくら味が出るからってそんなの見たら、飲む気もしないよ。ただ気持ち悪くなるだけだ。
アルコール度数高いな…。ウォッカといい勝負じゃないか?
そもそも最初にこのワインを作り出したのは誰だ?ネズミの赤ちゃんを入れるなんて、すごい発想だよな。そこからエキスが出ますとか、何の治療にいいとか、科学的にどれくらいの根拠があるんだろうね。
ねずみの赤ちゃんのエキスからエネルギーをもらって、産後の女性の体力が回復しますって、なんとも皮肉な話だよ。
あの毛もないねずみの身体にどんなエキスが含まれているのだろう…。
ねずみは汚い動物っていうイメージがうちの国ではあるよ。見つけたらすぐに殺すし。そんなパワーが秘められているとはね、少なくともうちの国では受け入れられない飲み物だろう。
お酒好きの友人に韓国旅行のお土産ですって持っていってあげたいものだな。もちろん僕は飲まないけどね。彼の反応が目に浮かぶよ。
メキシコにはたくさん韓国人がいて韓国人街もあるけど、ひょっとしたらあそこに売っているかもしれないな。いつも一緒に生活している人々がそんな趣向をもっているなんて、びっくりしたよ。
ネズミのエキスじゃなくて、アルコールの度数が高いのが身体にいいんじゃないの?
犬の肉を食べる中国だもんな。ねずみの赤ちゃんなんて大したことないんだろう。
テレビ番組のなにかの罰ゲームでこれを飲ませるのはありかもね。絶対負けたくないけど。
エキスが抽出されたあとは捨てられるってわけか。かわいそうな運命だな。
漢方の一種に入るのかな?身体にじわじわ効いて、自然からできているからいいって聞いたことある。薬としてなら無理してでも飲むけど、趣向としては論外だね。

写真を見るとさらに衝撃ですが、確かに目も開かないねずみの赤ちゃんが瓶の底に沈んでいるのです。最初にこれを考え出した人はすごいですね。

さすがにお酒好きでも、この種のアルコールになるとやはり抵抗があるもの。おいしいかどうか気になる人は試してみるといいかもしれません。

日本では琉球地方に昆虫をつかった酒があるといいますが、さすがにねずみの赤ちゃん入りワインが入ってくると、日本人の反感をかうことになりかねないでしょう。店頭に売ってなくて本当によかったですね。

(参考)http://el-observatorio-politico.blogspot.com/2011/10/una-bebida-le-
llaman-vino-de-fetos-de.html
http://el-observatorio-politico.blogspot.com/2011/10/una-bebida-le-llaman-
vino-de-fetos-de.html

画像見たけど、数多すぎでしょwwサソリやヘビももちろん気持ち悪いけど、ネズミはそれ以上に気持ち悪い。しかも赤ちゃんなんて!本当に健康にいいのかな?ちゃんと医学的に調べられてるのかな?

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2015年3月19日 10:39 PM

    まあウ○コ入りの酒があるくらいですからねw

  2. 日本の名無しさん
    2015年3月19日 10:56 PM

    ワインじゃないだろ、多分白酒か何かの蒸留酒だろ
    まあ自分も蛇酒までなら頑張るけどこれは無理!

  3. 日本の名無しさん
    2015年3月20日 12:19 AM

    ビビってページ送ってしまった
    どういう根拠があってねずみの新生児を・・・

  4. 日本の名無しさん
    2015年3月20日 12:48 AM

    ネズミは人間にとって基本害獣やからな
    食文化とか以前に不快感感じて当たり前

  5. 日本の名無しさん
    2015年3月20日 3:11 AM

    無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理

  6. 日本の名無しさん
    2015年3月20日 8:52 AM

    カブトムシの幼虫とか蛙とか孵りかけのアヒルの卵とか、ゲテモノを食べてきたのでそれ程抵抗はないかな。
    南米の方では巨大ネズミのカピバラが食されるって言うしね。問題は安全性だよ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.