当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【笑撃】中国のビーチは銀行強盗がウジャウジャ!そこまでやる??

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/10/05

W342
中国人は白い肌を大切にします。日傘や手袋は欠かさないあたりは日本も同様です。ただ、中国の日焼け対策は日本以上です。異常と言えるかもしれません。見た目を気にしない大胆な日焼け対策で砂浜には、一見銀行強盗のような女性が出没します。

01

目を疑う!!二度見すること間違いなし

水着にも色々種類があります。ビキニは露出度の高い水着、タンキニはちょっとお腹部分の露出を抑えた水着、そして、フェイスキニは顔を完全に覆う銀行強盗並みのマスクです。子供もかぶります。

中国に、きれいな海はありません。最南端で海水浴しか観光が無いような海南島でも海の透明度は大阪湾くらいでしょうか。ダイビングをしてもあまり前が見えませんが、ダイビングショップも存在します。

02
西洋の文化を堪能する、イコール、いけてる富裕層というイメージと結びつくことから、中国のプチ富裕層は無理やりにでも西洋文化を堪能します。

元々泳げる人のほとんどいない国民性ですから、大人も浮き輪を使用する人がほとんどです。泳げるのは川の近くに住む少数の田舎出身者たちだけです。

多分心の底から海水浴を楽しんでいる人はいないと思うのですが、それでもここまでして海水浴を楽しんでいる風を装います。

息をするのも苦しそう、目を開けるのも開けにくそうなこのマスクで紫外線を防止しながら海水浴を楽しみます。このフェイスキニ、300円ほどで売っていますが、家にある布で適当に作って持参するツワモノもけっこういるそうです。

日焼けは肉体労働者の証し!?

文化の違いなのでしょう。西洋では、日焼けした肌は「テラコッタ色」と言ってバカンスの象徴でした。仕事などしないで日光浴するのは、日差しが十分に無いヨーロッパでは特に贅沢とされてきました。

一方中国では、日焼けは屋外での肉体労働を連想させます。建築関係の労働も、農作業も、階級の低い人達の仕事です。中国人は自分を少しでも階級高くみせたいので、色は白ければ白いほどいいのです。肉体労働者ではない、と強調したいのです。

ちなみに朝一番から白米などのご飯を食べることも、エネルギーが必要な肉体労働を想像させるため、農作業など本当に肉体労働をする人以外は、朝はお粥で軽く済ませるのが一般的です。お粥にザーサイだけ、ととても小食です。

誰も見ていない家の中でもそうします。なぜなら「今日朝何食べた?」と聞かれた時に困るからです。「朝何食べた?」と聞かれたら「お粥をちょっとだけかな?」と答えるのが中国流の精いっぱいの見栄の張り方です。

お手伝いさんレベルの人は特にこの辺りにこだわりを持っています。

そういうわけで日焼けを嫌う中国人は西洋文化を取り入れたいような、それでも中国文化を捨てきれないような、複雑な心境でいるため、結局このような恐ろしい見た目で海水浴を楽しむこととなりました。

子供の頃からこんなものを被らされていては、日焼けした肌に対する偏見すら養いかねない、と心配する声もあります。また、別に古い文化をひきずっているわけではなく、顔にできる皮膚がんを心配しているだけではないか、とする声もあります。

そこで、中国No.1の海水浴客数を誇る青島で、このマスクを身に付けた女性にインタビューを試みたところ、このような答えが返ってきました。「私の肌は黒くするわけにはいかない。黒いと農民に見えるから」

やはり原因は古くから伝わる階級意識によるものでした。

なんとしてでも日焼け阻止

この青島の砂浜ではうるさいほどの【テント禁止】の警告にもかかわらず、砂浜には多くのテントが並びます。パラソルでは防ぎきれない紫外線を、すっかり遮ってくれるキャンプ用テントで防ぎます。中はさぞかし暑いことでしょう。

海水浴の時に限らず、普段から美白には並々ならぬ神経とお金を使う中国人。その部分に対しては神経質なくせに、化学物質に対する警戒感の薄い中国人女性は、「よく効く=危ない」ホワイトニング製品が大好きです。

ただ、水銀レベルが基準の9000倍から65000倍にもなるホワイトニング商品に関してはさすがに一時問題になりました。

女性はとにかく絶対的に白い方がいいのです。そして女性のうちの半数は、色白の男性を好むと言っています。日焼けのイメージが全く健康的なアウトドアスポーツとは結びついていないのが現状です。

03
ビーチでも街中でも、かっこいい若者でもおじさんでも、晴れた日中日傘をさす男性がいます。正確には、雨傘を、雨も降っていないのにさしているだけですが・・・。

こわすぎる・・・。それに中途半端に目とか口のあたりにマスク型の日焼けの跡が残ったりしないのかな。
銀行強盗と海水浴が同じ日にできちゃうね。
ここまで醜い顔は初めて見たわ。これなら日に焼けた後必死でビタミンCを摂る方がまだマシだと思うわよ。
日焼け止めは塗り直すのが大変だから、これは便利ね!
日焼け対策に対する知識のある中国人なんてごくごく一部の人だけだよ。日焼け止め、なんてものの存在すら知らない奴もたくさんいるのが中国なんだから。
昔はまだこのマスクがなかったから、中国で夜の海水浴に誘われたことがあるわ。でも夜は別の意味でよっぽど危険よ。よく見えないし夜行性の生物に刺されそうで恐ろしかったわ。
グローバルってよくいうけど、まだまだ他の国では自分の国ではありえないことする人がいるんだね。ある意味安心したよ。
ありえない見た目だとか、労働者階級に見られたくないからだ、とか色々うんちくを言う人がいるけど、ただ単に暑いから直射日光をさけてるだけじゃないの?
犯罪者が潜んでても絶対わかんないな。ロシアの凶悪犯罪者とか、混じってるかもしれないよ。
これ、合法?海だからいいの?街中じゃもちろんダメでしょう?このマスクは。
これぞ「異文化!」
私、心理的理由でこのマスクは絶対使えないわ。狭いところも嫌いだし息苦しいのも嫌いだから。
別の惑星から来た人たちか?
ヨーロッパの人は日焼けしたいし、アジア人は日焼けしたくないし、いろんな人がいるね。
中国人を「アジア人」と呼ぶの、やめてくれるかな。アジアにはたくさんの国があって、全然中国人とは似ていない人種も多いんだから。
これだけの格好の人が歩いていても周りの人は平気だということは、ここをヌードで歩いてもきっと誰も気にも留めないんだろうな。
面白いじゃないの。私なら周りにどう思われたっていいわ。ファニールック大好き!
これでよく治安が守れるね。いつ銃の乱射が始まってもおかしくない状況に見えるけど。
中国人って結構太ってるね。
これを着て香港で泳ぐのだけはやめてくれ。大陸から出ないでね。

デリカシーという言葉、同じアジアでも、使う国と使わない国があるようです。がむしゃらなまでの美白意識は、強い階級意識からくるものですから、どうにもとめられないのかもしれません。

なりふり構わぬ国でのなりふり構わぬ行動は、自由奔放とも言えますが、見たくないモノを見る機会も増えるため、いい面ばかりではありません。

(参考)http://www.npr.org/sections/thetwo-way/2012/08/20/159366234/
on-chinese-beaches-the-face-kini-is-in-fashion
http://www.nytimes.com/2012/08/04/world/asia/in-china-sun-protection-
can-include-a-mask.html?_r=2
http://www.amusingplanet.com/2012/08/the-latest-chinese-beach-craze-
face-kini.html
https://uk.news.yahoo.com/lightbox/man-uses-umbrella-shade-himself-sun-
ocean-beach-photo-084007167.html;_ylt=AwrTcXejs7VVzxwAiiCjzbkF;_ylu=
X3oDMTBtdXBkbHJyBHNlYwNmcC1hdHRyaWIEc2xrA3J1cmw-
http://edition.cnn.com/2002/WORLD/asiapcf/east/05/13/asia.whitening/

何が楽しいんだろう? フェイスキニを調べたら日本でも売られてるようなので、どんな人が買うのか知りたいw中国人が周りからどんなふうに見られてるか海外コメントを全部中国人に見せてあげたい!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.