当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

身代金目当てじゃない!?中国の闇社会で減らない誘拐事件の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/05/10

W497
日本ではもう誘拐事件はほとんど起こりません。誘拐に対する取り締まりも捜査も超一流ですから、「誘拐なんてしても絶対に捕まる」という心理が抑止力になっています。

一方、中国、特に大陸部では誘拐がまだまだ身近です。時々地位や名誉のある人が身代金目的に誘拐されますが、そんな「大切な人」を誘拐されたら、捜索活動も熱心に行われますから、ちゃんと犯人も捕まります。

先日の香港のお偉いさん誘拐事件では9000万円の身代金が要求されましたが、1カ月ほどで決着し若い男が二人逮捕されました。

01
かわいそうなのは子供達の誘拐です。身代金目的ではなく人身売買ですから、さらわれたらすぐ売り飛ばされます。見つかることはほぼありません。

02

売られていく子供たち、生きてるだけましなのか?

農村部、都市部、場所を問わず、子供を一人にすることは非常に危険です。赤ちゃんであっても小学校高学年であっても同じです。連れ去られる事件が多発しています。

男の子の場合は農村部の働き手や跡取り息子にすることが目的です。さらってきた子を跡取りに、とは奇妙な発想ですが、貧しい農村部では働き手も跡取りも、そして時には嫁も、家族が生き残っていくために必須です。

そのため都市部の比較的余裕のある家庭であれば、学校へは両親或いは祖父母が送り迎えをします。子供一人での通学は危険だからです。

ただ余裕がない場合はまわりの大人は全て働きに出ています。日本ならそういう時にはママ友に頼むかもしれませんが、中国ではそんなやり取りは一切ありません。そうなると子供が一人で出歩くことになります。そして、さらわれてしまいます。

03

一人っ子政策が生んだ誘拐

この子は女の子です。おそらく嫁候補としてさらわれたのでしょう。7歳の時にさらわれたそうです。この女の子の両親は彼女に懸賞金をかけています。有益な情報を提供してくれた人達に渡すためです。もちろん自分たちのお金です。

10万元は日本円にして200万円ほど。大卒初任給が3万円とも5万円とも言われる中国での200万円は大金です。そのため有益な情報が多く集まります。・・・ということはなく、このお金をだまし取ってやろうという輩がたかってきます。

ただでさえ娘を誘拐され気の毒な両親なのに、更に金目当てのごろつきがあの手この手で近づいて来ては懸賞金をだまし取ろうとするのですから、なんと過酷な人生でしょう。

一人っ子政策のおかげで女児の出産は避けられるばかりです。そのため中国では女性の数が男性の数を圧倒的に下回っています。ところが、働き手として男の子ばかりを重宝していたら、いざ結婚というとき、嫁が足りないことに気が付きます。

男性が多すぎると言うのか、女性が少なすぎると言うのか、とにかくバランスが取れていません。そのため女の子までもが誘拐されることになります。

この場合、身代金やいたずら目的ではないので、子供たちは間違いなく無事生きているはずです。

そのため誘拐された子供達の両親は、「せめてちゃんと平和に暮らしているかだけでも確認したい」と口を揃えます。返してほしい、なんてそんな贅沢言いません。ただ、無事を確認したいだけ。

売春絡みの誘拐

また別のケースもあります。10代前半の女の子が狙われるケースです。この場合も人身売買ですが、売られていく先は売春組織です。最年少12歳を含む女の子10人がまとめてさらわれたケースがあります。

さらわれたと言っても実際は、無理やり連れて行かれたわけではありません。女の子たちは貧しい家庭の子供達で、働く先を探していました。この10人は皆同じ男に、「都会のレストランでウエイトレスをしないか?」と声をかけられました。

農作業よりもずっと稼げそうです。それが魅力でこの男について行ってしまいました。そして連れて行かれた先はレストランなんかではなく、売春組織だったのです。

レストランで出稼ぎをして仕送りをするつもりだったこの子達の稼いだお金は、全て組織に吸い取られます。もちろん分け前など分けてはもらえません。

この子達はこうして、犯罪絡みの組織に連れて行かれたため、捜査が行われました。連れ去られた女児の父親の執念で、連れて行かれた地方を突き止めたのです。その後、警察による住民たちへの地道な聞き取り調査が始まりました。

そしてある住民が「聞きなれない訛りのある中国語で話す若い女の子たちがいる」ことを警察にしゃべりました。ここからはとんとん拍子に進み、犯罪組織は摘発されました。

ただ、こんなラッキーなことはめったに起こりません。通常闇の世界は闇のまま。うまくいけばたまにニュースとして扱われますが、摘発は実際のところはめったにありません。

この金持ちのおじさんにしろ、誘拐犯にしろ、あられもない姿で写真に撮られちゃって、気の毒だね。公開する必要あるの?
こういう写真を公開するには意味があるんだよ。すぐ捕まるよ、かっこ悪いだろ、っていうことさ。
金持ちなら普通、ボディーガードとかつけてない?
誘拐されてる時の顔と、元気な時の顔と全然違うね、このおじさん。いい笑いものだ。
男の子が足りないとか女の子が足りないとか、ややこしいね。一人っ子政策自体が不自然なんだよ。
中国は風俗系の取り締まりが厳しいから、逆に闇組織が巨大化するんだろうね。
厳しいって言ってもテレビやDVDの検閲だけだろ。取り締まり自体はゆるゆるだよ。
中国人の女性を買ってるのは欧米の男じゃないのか?
この事件の起こった場所は外国人なんて一人もいないような中国の田舎都市。客は間違いなく中国人だよ。
何言ってるんだよ、ここは大きい町だよ、知らないの?
知ってるよ。きれいな草原があるところだよね。
中国人は外国人のせいに、外国人は中国人のせいに。仲悪いね。どんな話でも自然に対立しちゃうコメント欄。すさんでる。
先進国には人種差別に関する法律があるから、正式な所で発言すると捕まるよ。そのくせ中国は野放しだよね。
人種差別だけじゃないよ。何に関しても法律がなさすぎる。
今回保護された女児のうち、一番年上の子は日記をつけてたらしいよ。気の毒というか、しっかりしてるというか。
この女の子たちがせめて、少しでもまともな生活してることを祈るよ。小遣い程度はもらえるとかさ。
一番小さい子は12歳。本当に小さいね。でも出稼ぎの仕事探してたってところがもう既にいわゆる「普通」じゃないよな。
知らない人について行くしかない状況って既に過酷だよね。
お父さんが必死で探してここまでたどり着いた、って執念だな。
中国に売春は存在しない、って、中国は言い切ってるよね。しかも必ず「中国にいる外国人によるケースを除く」って付け加えるけど、失礼な話だな。

人身売買など日本とは無縁ですが、人が溢れ、一人一人の存在が軽く虫けら感覚の中国では、まだまだ減るどころか増える一方です。捜査も曖昧、抑止力もありません。警察も弁護士も何も当てにならないから、気の毒な犯罪が後を絶ちません。

(参考)http://shanghaiist.com/2015/11/04/police_rescue_5_underage_girls_
from_prostitution.php
http://shanghaiist.com/2015/10/29/hk_kidnapped_tycoon_rescued.php
http://shanghaiist.com/2011/03/17/photos_have_you_seen_any_of_these_
m.php#photo-1

中国恐すぎる。 中国で懸賞金200万って相当すごい金額だけど、本当かな?映画で良く見る設定だけど、本当にこんなケースがあるなんてビックリした。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年5月10日 10:59 PM

    臓器とか眼球目的なのもあるよね。
    ほんとに世界で何が起きてるかってこと日本のメディアは全然やらないからな。

  2. 日本の名無しさん
    2016年5月11日 3:05 AM

    自分で売買してる腎臓片方や目玉1個は当人に幾らかの金入るが、全部抉られてポイ捨てのはなぁ…。日本の行方不明者も国内、北朝以外に中韓疑ったら?

  3. 日本の名無しさん
    2016年8月22日 4:07 AM

    基本的に呑気な日本人旅行者が子供をさらわれかけたり基本的に間抜けな日本人転勤族が子供をふざけ半分に装われてさらわれかけたり元日本人の「新」中国人がある時から突然音信不通になったりって、当たり前にあるんだよね~
    ど~こが日本人には無関係なんだか!

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.