当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

ボーイング747も楽に入る!?世界最大のミャオ・ルーム鍾乳洞

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/08/03

W585

中国南部の広大なカルスト地帯に巨大なミャオ・ルーム鍾乳洞があります。近年、中国とヨーロッパの合同チームが最先端の測定機器で調査した結果、ミャオ・ルーム鍾乳洞の内部は世界最大であることが判明したのです。

世界には大きな鍾乳洞がたくさん知られています。長さから言えばアメリカのケンタッキー州にあるマンモス洞システムが643kmで断トツ。洞窟内の表面積ならばベトナムのソンドン洞が世界最大とされています。

そして内部空間の大きさではミャオ・ルーム鍾乳洞が世界最大なのです。それまで世界最大とされていたマレーシアのサラワクチャンバーより10%ほどミャオ・ルーム鍾乳洞が大きいことが分かったのです。

01

02

03

世界最大?ミャオ・ルーム鍾乳洞

ミャオ・ルーム鍾乳洞は中国南部の貴州省と広西チワン族自治区に広がる国立公園の中にあります。貴州省は全体の80%が石灰岩で占められていて、中国有数のカルスト地帯です。

また「地に三里の平地無し」と言われるほど、平地がないエリアなのです。沢山の鍾乳洞やドリネード(鍾乳洞の天井が崩れて空いた窪地)、自然にできた天然橋などがあり、多彩な地形が楽しめます。

ミャオ・ルーム鍾乳洞以外にも総延長100kmの双河洞(アジアで第2位の長さ)もあります。

ミャオ・ルーム鍾乳洞の「ミャオ」とは洞窟の周りに住む少数民族ミャオ族から来ています。もともと彼らの住む地域でしたが、現在は漢族が大多数を占めています。

それでもミャオ族の自治区や自治州が数多く存在し、国境の山岳地帯を跨ぐようにタイ、ミャンマー、ラオス、ベトナムなどにも生活しています。

飛行機も入っちゃう!!

いくら空洞が大きいと言われてもイメージするのは難しいですね。ナショナル・ジオグラフィック誌は3Dの図で分かりやすく解説しています。一番広い空洞にはボーイング747(B-747)が楽に入れる空間があるそうです。

B-747はお馴染みの超大型旅客機で全長は76.4mで幅が68.5mもあり、スペースシャトルを乗せて飛んだ機体としても知られています。もちろん、洞窟内の飛行はできませんよ。

ミャオ・ルーム鍾乳洞の最も大きな空間の高さは191mで長さは852mあります。これだけの空間を人間が作るとしたら、天文学的なコストが必要になるかも知れません。

04

05

洞窟内の正確な測定を可能にしたのはレーザースキャンという技術。あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、私たちの生活でも使われています。レーザー光線をある特定の場所に当てて、それが戻ってくる時間から距離を測定するのです。

身近な例ではゴルフで現在地から目標地点を測るレーザー測定器もそうです。その他、土量や文化財なども複雑な形状も簡単に測定して3D化ができるのです。

06

この世界最大の鍾乳洞を伝える記事には多くの地底探検ファンがコメントを寄せています。

うぉ~!!!デカイ!!全く想像ができないな・・・・
私は別の洞窟に行ったことがありますが、ガイドの方から生態系を守るために入口の壁に生えている苔にも触らないように注意がありました。
世界最大の洞窟はベトナムのソンドン洞ではないの?
何を持って世界一と判断するかだね。例えば、長さで言えばアメリカのマンモス洞だろうね。確か640km以上の長さがあるからね。
俺はマンモス洞に行ったことあるぞ。そこでガイドに従って内部で電気を消したのだけど、真っ暗で恐ろしい体験だった。電気が無くなれば確実に死ぬ・・・・
私は一度鍾乳洞で迷子になったことがあるよ。運良く20分後に入ってきた入口に辿りつけました。ライトを持っていなかったので超焦りました。
私はメキシコで鍾乳洞の探検に行った時、ドジな妹の懐中電灯の電池が切れちゃって四苦八苦したわ。
ソンドン洞が世界一だと思っていた。
洞窟内の体積でいえばミャオ・ルーム鍾乳洞が世界最大です。
エンパイヤステートビルディングの半分が入るって判りやすい表現ね^_^
つまりこの鍾乳洞にiPhone6を1690億個収めることができます(笑)
いやいやレナ・ダナム(アメリカのぽっちゃり系の女優・作家)を3億5千万人も入れますよ(^^)v
消息を絶ったマレーシア機MH370はここにあるんじゃないの・・・確かマレーシアから中国へ飛行中だったはずだろ。
MH370はB-747ではなく、B-777だぜ。
B-777はB-747よりも小さい。でも入口が小さいから入ることは無理だよ。
中国が少数民族の名前を付けるって意外な感じ・・・共産党の政治家の名前とかを命名しそうな気がするけど^_^
サウスダコタ州のブラックヒルズのウインド・ケーブも迫力満点。全米で2番目、世界では8番目に巨大な洞窟さ。
マンモス洞のエキスパート・コースに参加したことがあるけど、ライト付きヘルメットと手袋、肘当の着用が義務になっていた。
私はマンモス洞の一般コースに参加したけど、大勢の人と一緒でした。迫力はあったけど、よじ登ったりは無かったですよ。
とてつもなく長い年月がかかって出来上がった洞窟だね。
実は私は閉所恐怖症なんだけど、思い切ってコロラドの鍾乳洞に入ったことがあります。とてもよい経験でした。
10代の時に鍾乳洞に入ったことがあるけど、洞窟内に意外と生き物がいて驚きました。
ミャオ・ルーム鍾乳洞にはジャンボ機も入るのか・・すごい空間!
中にジャンボ機が入る空間があるからといって、ジャンボ機で飛べるわけではない。
これは中国の洞窟か。私はマレーシアのサラワク・チェンバーの方が大きいと思うが・・・
ケイビングを甘くみてはいけない。場合によっては命を失う危険もあるからな。

中国で洞窟探検はいかが!

3Dの図でも分かるようにミャオ・ルーム鍾乳洞は山の内部に大きく広がっています。

どのくらい年月がかかるか判りませんが、少しずつ広がり、いずれ支えきれずに天井が崩落して巨大トリネードができることは間違いないでしょう。そう考えると洞窟探検もスリルが増しますね(笑)

中国南部のカルスト地形は自然世界遺産(中国南方カルスト)にもなっています。中でも幻想的な風景が楽しめるタワーカルストの桂林(広西チワン族自治区)は人気の観光スポットとして有名ですね。

中国はカルスト地形を活かした観光業に力を入れています。今のところミャオ・ルーム鍾乳洞は手付かずの状態ですが、近い将来に見学ルートができるかも知れません。

07

08

09

(参考)http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2775249/China-
supercave-largest-EARTH-Huge-Miao-Room-cavern-measuring-staggering-
380-7-million-cubic-feet-takes-title.html
http://thehigherlearning.com/2014/10/04/chinas-miao-room-has-officially-
been-crowned-the-worlds-largest-underground-space-video/
http://www.nationalgeographic.com/china-caves/supercave-iframe/
iframe.html

643mかと思ったら643kmだったなんて。まだ発見されていない巨大な鍾乳洞もあるかもしれない。ここ日本で!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年8月4日 12:33 AM

    日本じゃ地形的に無理

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.