当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

不可能を可能にする中国人!57階建てビルを19日で完成させる技術力

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/03

W57
中国の技術は、不可能を可能にします。技術というよりは精神力でそれを可能にします。無駄な心配などせず、その時にできることを精いっぱい成し遂げることを大切にしているため、思い切ったこと、大胆なことをどんどん達成できるのです。

01
57階建てのビルも19日で完成させます。建て始めたらとにかく早いのは、早いのが一番!と思っているからです。この技術をもってすれば、マンションの上に山を作ることも可能です。もっともこちらは違法建築ですが。

02

違法だけど多分おとがめなし

早くすべきなら早く、高くすべきなら高くと、どんな建物アレンジも自由自在な中国の建設技術を持ってすれば、ありえない所にありえないモノを作るくらい、おちゃのこさいさいです。なにせ高い技術と後々のことを気にしない勇気があります。

マンションの上のロックガーデンについては完全な違法建築であるため、マンション側も撤去を要請しています。

作ったのは北京の大学教授です。このマンションの最上階ペントハウスを所有していますから、「ちょっと自宅上部に庭を作った」くらいにしか思っていないようです。

もっとも、違法であること以上に、マンションの屋上に巨大な岩を置き、木を植えるなんて、重すぎます。ただでさえ作りが若干安っぽい中国のマンションなのに、そんな重さに長く耐えられるとも思えません。

しかももう既にこの重みに耐えかねてか、壁にはひびが入り、水道も水漏れしている箇所があります。住人達は恐怖を隠せません。

このマンションから依頼を受けてロックガーデンの持ち主に話をしに行った請負人は、「違法は違法なんですが、どう交渉したらいいものやら」と頼りないことを言っています。

というのも、建物自体が違法建築かどうかを確認する作業はもう済んでしまっているため、このロックガーデンが違法であると証明する手段も今のところないようなのです。

検査の時にはこんなものはなかったのですから。さすが大学教授。そのあたりはしっかり計算済みです。

公共の場所を自分だけの場所に!?

ベランダを拡張してしまった男性もいます。

彼の家の前に広がる隣のビルの屋上は、彼の住むマンションの全住人のための憩いの場でした。マンションの住人が自由に行き来できるテラスになっていたのです。広々していて、気持ちのいい空間です。

そんな時、このテラスが自分の家の窓の目の前であることに気付いた男がいます。そのテラスはまるで自分だけの素敵な空間のようにも見えてきます。

そこで結局、実際その素敵な空間を自分のものにすることに決めてしまいました。自分の部屋からのみ出入りできるように柵を作り替え、指紋認証付きのカギまで設置してしまったのです。

03
住人は「みんなのテラスなのに、入ろうと思うと彼の家を通りぬけないといけないんだ。まるでわざわざ彼のテラスに入れてもらってるみたいじゃないか」と不平を漏らしています。

指紋認証ロックまでつけているのに、頼めば入れてくれるあたりが、さすが中国です。そして住人の不満のポイントがなんとなく少々ずれているのも、天然です。

住人はもちろん管理事務所に文句を言っていますが、何ら変化はありません。放っておいても特に問題は起きていないのですから、このままでも大丈夫だと判断したのでしょう。おおらかな対応です。

この屋上の場合は元々それなりの強度に耐える作りになっています。元から屋上は憩いの場でしたから。そのため、壁にひびが入る心配も今のところありません。ただ、住民たちは、不公平感から文句を言っているだけです。

もめごとの多い中国ですから、これくらいのもめごとはもめごとのうちに入りません。きっと今後もそのまま他の住人にぶつぶつ言われながらも、このロックガーデンは放置されることでしょう。

ビルを一カ月で作り数年で壊す。これ、あまりエコじゃないね。
一日で3階分。すごいね。
中国は建て終わるまでに倒れることすらあるからね。数年もてばラッキーな方。
どんな奴らが作業してるんだろう?気になるね。
基礎工事が終わってから、19日、だよね?じゃないとおかしいよね?
奴隷のように使える作業員がいるとさすが、進むのが早いね。ピラミッドみたいにね。
ビルを建てるのがいかに早いかって、これは競うところじゃないよね。でもエスカレートしているのも事実。
19日で57階建て建築が済めば、次は18日で58階建てさ。
マンションの上に山!斬新だ。
「どうすればいいかわからない」ってそんな話あるかな。せっかく相手が大学教授なんだから、どうすべきか聞いてみたらどう?
中国には奇想天外な奴らが多いから、これでもまだマシな方だろ、と思えてしまう自分が怖い。
一部の人間だけが大金を手にしたら、ろくなことがないな。やりたい放題。
出来上がるまで待つ必要無かったのでは?もっと早いうちに手が打てただろうに。
これだから中国っておもしろいんだよね。この岩だって本物かどうかわからないよ。実はすごく軽かったりして?
中国人同士の会話っておもしろいよね。ポイントが常にずれてる。
やったもん勝ちとはまさにこのこと。警察も法律も全く役に立たないね。
いや、彼らなりの交渉の仕方があるから、裏から行けば大丈夫なはず。
これを取り締まる法律くらいあるだろう?ないの?まさか?
目一杯「彼のテラス」でくつろげばいいんじゃない?普段やってるように痰吐いて、ゴミ捨てて、用をたせばいいじゃない?彼の管理なんだから彼がきれいにしてくれるでしょう?或いは嫌になって住民に返してくれるか、どちらかじゃない?
このテラスの木の手入れも彼がしてるの?だって彼のものだから?結局どこかなんだかおかしくない?
彼がしてるとしたら、確かに決して悪いことしてないよね。だって住民も入れるんだろ?

違法建築する彼ら、違法と知っていてもそれほど悪びれないのは、中国では法律をきちんと守る人が少ないからです。でも時として突如見せしめとして大きく罰せられるので、油断は禁物です。

もっとも、罰せられる側もある意味捨て身で生きています。罰する側もその気になれば怖いものなし。そういう辺りでうまくバランスを保っていると言えなくもありません。

(参考)http://shanghaiist.com/2015/03/11/timelapse_chinese_company_
builds_57.php
http://shanghaiist.com/2015/11/01/hangzhou_resident_hijacks_rooftop_
terrace_builds_private_garden.php
http://shanghaiist.com/2013/08/12/beijing_professor_builds_mountaintop_
villa_on_roof_of_apartment_building.php

マンションの上に山なんて、あり得なすぎて幻想的な感じがする。でもそのせいで重みに耐えられなくなったら他の住人はとんでもないだろうな。さすが中国人! 中国には住みたくない。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年4月3日 10:10 PM

    これで正確に造れたら最強なんだけどな。

  2. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 12:37 AM

    なんと言うか、自分の欲望に忠実だね。
    自己中とも言うか

  3. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 1:30 AM

    速く作れるのはプレハブだから
    物は普通の鉄骨造のビルと変わらない

  4. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 4:10 AM

    これは技術力とは言わない wwww

  5. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 4:45 AM

    ラ…ラピュタ?だって超高層上にあるガーデンってwつ-とだ、崩壊する時には日本人はアノ台詞を贈ってやらんといかんのか?w

  6. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 7:50 AM

    中国人は自分の都合でしか動かないからねw
    住む人なんかどうでもいい。後は知らんw
    早く作れば人件費も減らせるってだけなんだろうなw

  7. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 9:02 AM

    安全第一、品質第二、効率は第三だ

  8. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 11:09 AM

    崩れるのか、爆発するのか。
    タロットカードのタワーだわな

  9. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 11:36 AM

    後先考えないから強いと言うのは真実。
    中国が後先考えずに戦争始めたら、たぶんアメリカもロシアも行動起こす前に粗方終わってるって状況になる。
    だから自衛隊は時間を稼ぐ為の編成になってる。

  10. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 11:36 AM

    まぁ基礎だけ先にしっかりやってりゃ可能だろうね

  11. 日本の名無しさん
    2016年4月4日 2:03 PM

    まあ公共の場を私物化ってのは日本の団地でもやってるからね
    中国人が多い団地は大変そうだよ
    まあ日本人の対応が甘過ぎるんだけどね

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.