当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

お問い合わせ

golden.zipangu@gmail.com

【中国にもあった赤ちゃんポスト】開設後3ヶ月で閉鎖となった理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/07

11072
夫婦にとって掛け替えの無い瞬間と言えば、自分たちの子供を授かった時ではないでしょうか。この世に生を受けるまで、親としていろんな事を思い描き、なんとも幸せで充実した10ヶ月を過ごした事でしょう。

しかし、その大切な我が子が何らかの障害があって産まれてきたとわかった瞬間、将来に対する絶望感と不安に襲われるのではないでしょうか。今回は、中国で障害児を授かった親達の、なんとも切ないお話です。

子供を生かすために孤児院へ

リューさんは今年の3月に女の子、ミャオミャオちゃんを出産。彼女と彼女の夫は中国内陸からやってきた貧しい移民。そのため、出産以外の費用を払う事はできず、出産から一時間後、新たに生を受けた我が子の異変を知りつつも、病院を追い出されてしまいました。

実はミャオミャオちゃんは、臀部と脚部にひどい奇形を負って生まれてきたのです。また、口の中には、大きな穴(口蓋裂)もあり、ミルクを飲む事がうまく出来ないため、6週間たった段階で、体重が減少し始めているのです。

中国では全人口の95パーセントが公的健康保険に加入しています。この保険制度では、入院時には約半分の費用が国から払われる仕組みになっており、残りの半分は自己負担となっています。

しかし、病院が政府に請求できる額には上限があるため、政府に申請できる金額を越えた場合には、残りの金額を病院が負担するか、患者が自己負担するかの選択を迫られます。

ここで深刻な問題なのは、リューさんのような医療費が払えない低所得者層は、病院が診察自体を拒否すると言うことです。そのため、金銭的に障害を持った我が子を育てる事のできない親たちが最終的に下す選択は、子供を孤児院に手渡す事なのです。

リューさん夫婦も、“ミャオミャオを自分の手で育てたい。しかし、十分な治療を施してあげる事ができず、私たちのせいで彼女が死んだら…。孤児院に入れれば、少なくとも最低限の治療は受けさせてもらえる。自分の子供を手放したい親はいない。しかし、孤児院へ送れば、少なくとも彼女に生きる選択を与える事ができる。”と止まらない涙を必死でこらえながら、説明しています。

しかし、子供を親自らが放棄する事は、中国では違法。そこで、苦渋の選択を迫られた彼らが選択したのは、いわゆる“赤ちゃんポスト”に子供を合法的に置き去りにする事だったのです。

中国版赤ちゃんポスト

ind01

ind02

この中国版赤ちゃんポスト、実は今年1月に全国25箇所に設置されたものの、中国政府の予想以上に赤ちゃんが持ち込まれ、開設後3ヶ月あまりの今年3月には、閉鎖されてしまったのです。

最終的に262人の赤ちゃんが赤ちゃんポストに持ち込まれ、この全ての赤ちゃんは、先天性心臓欠陥や脳性まひといった深刻な健康問題を抱えた子供達だけでした。

何人かの子供は既に5,6歳に達しており、体の発達と共に、子供を持ち上げる事などが負担となり、孤児院の方が自分たちより、より良いケアを施せると信じての決断だと考えられています。

事実上、既に存在する孤児院の子供達の大半は、何らかの障害を抱え、貧困層にはとうてい支払う事のできない特別なケアを必要とする子供達ばかりなのです。

ind03
子供を置き去りにする前に、泣き崩れる母親。

ind04
子供を置き去りにした後、泣き崩れる母親。

ind05
子供の年齢が高すぎるとして、福祉当局に拒否された子供を抱き、泣き崩れる父親。

ind06
上の写真を見てください。北京の町並みで取られたものです。彼が何をしているわかりますか?彼は四川出身の元軍人、バンジャンさん。実は“一生あなたの為に働くので、娘の医療費を出してください。”といったプラカードを持って北京の町中で物乞いをしているのです。

彼の9歳の娘は血液疾患になり、長年の高額な治療後、骨髄移植のみが彼女を救える唯一の手段となってしまいました。幸いにもドナーが見つかったのですが、彼には96万米ドル(約9千8百万円)の費用が払えないのです。

親戚には既にお金を借りており、他に頼る当てのない彼は、自殺をすれば同情した誰かが手助けをしてくれるかもしれない、と思うほどまでに追い込まれているのです。

このような数多くの家族の苦悩が表ざたになった今、障害者を持つ家庭に何らかの期待が持てそうな取り組みが行われるようになりました。多くの慈善団体では、先天的な障害を避けるために、葉酸を無料で妊婦に配るなど、幼児の健康について早い段階から妊婦に教育を施しています。

また、初期の段階から家で障害を持って生まれた新生児や病気の新生児を世話している家族に何らかのサポートを提供する団体も出てきました。政府に18歳までの子供専用の国民健康保険を導入するよう、ロビー活動をする団体も現れています。

この案は、目新しい物ではなく2009年に児童擁護家で、中国で最大の慈善団体、子供の希望基金の創設者メロディー・チャン氏によって、多くの議会の代表者を通じ、中国の国会に提出されています。

しかし、この提案がどうなったのか誰にも分からないなか、チェン氏は実現可能な提案だと楽観視しています。3億人の子供のうちの少数が高額な医療的ケアを必要としているため、彼女の提案では、年額16米ドル(約1630円)の保険料となり、支払い可能な額だと主張しています。

なんて心が痛む話なんでしょう。
子供を捨てるなんて野蛮な行為だよ。
野蛮な行為ってどういう事?国が何とかして手助けをしたくて考え出した案だよ。先進国で子供を捨てない親はいないと思う?
オバマ大統領の弟は、中国人女性と結婚して、深川でバーベキュー店を経営しているけど、彼は時間がある時、孤児院でピアノを引いているんだよね。多くの孤児は最終的に幸せになるケースが多いんだよ。
社会保障のある国に住んでいて良かった。
中国もいろんな策を講じた後に、何らかの結論を出すと思うんだけど、その過程に200年かかるような事はしないで欲しいね。
どれほど彼らの状況が困難なことか。自分たちが考えている以上に最悪な環境におかれてるんだ。
孤児院へ手渡すのは、苦渋の選択。“家族の元で暮らして子供に必要以上の苦痛あるいは死という選択枠を与えるか、それとも、手放して命の保障を与えるか”
中国は世界でもお金持ちの一つの国になったんだ。自国民が苦しんでいる事に目をそむけるな。
ドイツにも赤ちゃんポストがあって、保護されて直ぐにちゃんとした手当てを受ける事になるよ。
アメリカでは、消防署や緊急医療サービスの玄関前によく赤ん坊が捨てられてるよ。
記事に載っている写真を見るだけで、心が痛む。
親として非常に心が痛む記事。彼らの状況が一刻でも早く改善されるのを祈るのみ。
親が子供を放棄する事は、全世界一致で違法にすべき。
非常に残念な話だ。自分の国に感謝。
21世紀にあっていいの、こういう話。
社会主義国家が国民の面倒を見きれない、あるいは、見たくない、と言う彼らの思想に真っ向から反する政治体制だね。
涙、涙、涙。
お金がないんだったら、初めから子供を産まなきゃいいんじゃないの?
自分の子供を手放すよりも、自分の手元で死んでいく姿を見るほうが僕は幸せだ。

ミャオミャオちゃんに救いの手

新しい保険制度が導入されるまで、障害児を持った家庭は、絶える事のない不安と苦痛を抱きながら、どうにか我が子が健康で過ごせるように見守るしかない状況です。しかし、少しだけ心が和む話があります。

この記事で取り上げたミャオミャオちゃん。メディアで取り上げられた後、多くの反響を受け、中国国内の慈善団体からミャオミャオちゃんの医療費の申し出があったのです。

そのため、今年の夏には、徹底的な診断の後、口の中に出来た穴を直す手術を行う予定です。また、彼女の成長に伴い、変形した脚の手術も受ける予定となっています。

ミャオミャオちゃんのケースは非常に幸運な例であり、まだまだ数多くの何らかの障害を持って生まれた子供を抱えている家族は、苦痛と不安な毎日を過ごしています。

子供用の保険制度や、彼らを助けてくれ団体など、何らかの形で、十分苦しんでいる家族に少しでも明るい希望が持てる仕組みが一日でも早く設置されるようになって欲しいものです。

(参考)http://www.economist.com/news/china/21576670
-despite-extraordinary-progress-reforming-health
-care-creating-almost-many-problems-it
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-china-27404771
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-china-26607505
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2595184/Heartbreaking
-moments-parents-say-goodbye-sons-daughters.html
http://www.bbc.co.uk/news/blogs-china-blog-27883875

赤ちゃんポストを開いても、すぐに閉鎖になってしまうほど中国の問題はとても大きいものだ。公害の記事でも障害児のことが話題になっていたが、健康に対してもう少し真剣に問題解決してほしい。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2014年11月7日 10:20 PM

    いろんな事情があるにせよ、自分たちの都合で子供を産んでおいて、また手放すのも身勝手っというもの

  2. 日本の名無しさん
    2014年11月7日 10:33 PM

    貧乏人ほど子供をつくるのは大好き、どこの国も変わらない。

  3. 日本の名無しさん
    2014年11月7日 10:37 PM

    中国の医療は商売だからなぁ・・・

  4. 日本の名無しさん
    2014年11月7日 11:03 PM

    ※1
    身勝手なのは承知の上で預けてるんだろボケが
    お前みたいなよく考えもせず俺正論振りかざすやつって本当アホ

  5. 日本の名無しさん
    2014年11月7日 11:16 PM

    メディアで取り上げられてよかった
    彼らの障害年収以上の医療費をどう払えというのか

  6. 日本の名無しさん
    2014年11月7日 11:29 PM

    赤ちゃんポストの起源は中世ヨーロッパの教会だったよな
    捨て子といえばヨーロッパだから当然だけどw
    社会契約論のルソーも自分の子を全員施設送りにしてるくらい、気軽に捨ててた

  7. 日本の名無しさん
    2014年11月8日 12:13 AM

    日本は全国民に対し子供手当てがあるのに
    中国共産党は国民に何もしない
    国民が貧乏で死のうが知った事ではないって感じ

  8. 日本の名無しさん
    2014年11月8日 12:51 AM

    悲惨だな

  9. 日本の名無しさん
    2014年11月8日 1:25 AM

    可哀想な子供たちだ。
    中国なんかで、金がないのに子作りに励む馬鹿な親のもとに、よりにもよって疾患を持って産まれて来てしまった。
    親の苦しみなんかどーでもいいんだよ。唯一、憐れまれるべきは子供たちだけだ。
    この子供たちのために集められる寄付が、人の善意が、腐った連中の懐に少したりとも入らないことを願う。
    けど、無理だろうな。

  10. 日本の名無しさん
    2014年11月8日 8:16 AM

    ここら辺が中国のダメな所だよな。力は持ってきても先進国とは言えない。
    絶対住みたくない国の一つ。

  11. 日本の名無しさん
    2014年11月8日 11:36 AM

    一人っ子政策何処行った?
    コメもそれに言及してる人いないのなんで??

  12. 日本の名無しさん
    2014年11月8日 1:38 PM

    弱者置き去りの社会制度ってことか。
    中国が発展するわけだw

    一方日本では福祉予算で毎年財政赤字が膨らみ国家破綻の道に突き進んでるから
    中国のことも馬鹿にできないけどね。

  13. 日本の名無しさん
    2014年11月9日 2:07 AM

    毎年天文学的な額の資産を海外に隠してる共産党幹部は何やってんるんすかねw

  14. 日本の名無しさん
    2014年11月10日 3:27 PM

    中国最近服装がもうだいぶこぎれいじゃんw
    建物も上野くらいのレベルあってワロタww
    それを言うとアメリカの低所得者無保険や日本のホームレス対策のガッタガタな遅れは何なんだよwwwwと思う
    ぶっちゃけいわゆる先進国も意外に碌でもないよ

  15. 日本の名無しさん
    2014年11月10日 5:54 PM

     つ コンドーム

     こどもを作るときは、ある程度困った事にもなるケースを踏まえるよ
      中国で暮らしてたら 農薬野菜をあらう洗剤までうってたりするし
      身体に障害もってうまれてくる赤ちゃんの話もたくさんあるだろ

     せっくすきもちい~ →あかちゃんできたった うむんご →こまったんご

                             ・・じゃ、だめだろ

  16. 日本の名無しさん
    2014年11月30日 10:56 PM

    子供の誘拐が多い中国で赤ちゃんポストと不思議に思ったら、障害児だったか。
    庶民は一家に病人が出ると破産状態になるそうだから納得。
    なまじ助かる医療技術があるだけに望みを捨てきれず苦悩するのも現代だな。

  17. 日本の名無しさん
    2015年4月29日 6:47 PM

    こういう子供を殺している中共の虎、狐
    共産主義なんて嘘だ
    一人っ子政策で子供が一人の人も多いだろうに
    あいつら鬼だ

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.