当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【衝撃画像】珍獣!?マンモス羊が40分で40Kgのダイエットに成功!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/12/14

W377
オーストラリアで、地球外生命体のような巨大な羊が動物愛護団体に保護されて話題になっています。伸び放題だった毛はきれいに刈られましたが、その量は40kg以上もあったんです。

モコモコすぎる羊

今回発見されたのはオーストラリアの首都キャンベラの近郊です。発見者から「クリス」と名付けられたメスの羊です。捕獲されたクリスは5年ぶりに毛を刈ってもらったようです。

その羊毛の重さはなんと40.5kgもあったんです。まだ公式記録としては認定されていませんが、それまでの世界記録がニュージーランドの羊の27kgだったので、世界記録となるのは確実でしょうね。

01
クリスを捕獲した動物保護団体RSPACK ACTは毛刈り職人を急募し、翌日にはイアン・エルキンスさんによってスッキリと刈ってもらいました。エルキンスさんはオーストラリアの毛刈り競技会で4回も優勝している、この道35年の大ベテランです。

通常の羊の毛刈りは時間にして約3分で、5kgほどの羊毛がとれます。クリスの場合は40分以上の時間が掛かってしまいました。こんな大掛かりな毛刈りはエルキンスさんにとっても初経験でした。

クリスの毛刈りは9月でしたが寒さの心配は全くありません。南半球にあるオーストラリアでは9月は春です。夏前に毛刈りでスッキリできたことはクリスにとって幸運なことだったのです。

人のエゴでこんな姿に…

羊は暖かいウールを提供してくれる大切な家畜です。もともとは野生の原種の羊がいたのですが、9000年ほど前から人に家畜として飼われ始めたようです。それ以来、人間の都合により、より多くの毛が取れるように品種改良が続けてこられました。

原種の羊は他の動物のように古い毛が自然に抜けて、新しい毛が生えてくるのです。でも現在の羊は毛が抜けないようになっています。人間が刈らないかぎり、毛が伸び続けてしまうのです。

家畜の群れから抜けだして、野生化した場合はモサモサ姿になってしまうのです。こうなってしまうと、排便が難しくなったり、感染症や寄生虫の問題が発生しやすくなるそうです。

02
03
人間や肉食動物は目が前方についています。けれど羊のような草食動物は目が横についています。常に外敵に襲われる危険があるので、広く見渡せるようになっています。

視野はなんど300°前後もあるんです。つまり前を向きながら、後ろまで見えているんです。でもクリスのようの毛が多すぎると前すら見えない状態になってしまうのです。

クリスが野生動物に襲われずに生きてこられたのは、この見かけ以上の大きさのせいだったのかも知れませんね。野生のカンガルーと比較しても、その巨体には圧倒されます。

04
世界中の大手マスコミで特ダネとして配信されたクリスの報道には、驚きのコメントなどがたくさん寄せられています。

うぉ~でかい羊!!!重すぎて可哀想ね。助けてくれてありがとう!
この動物保護団体の活動は賞賛すべきことですね。
この羊は恐ろしい・・・襲ってきたら絶対に逃げるね。
確かに!暗いところで見たらモンスターに見えるよ。
羊肉として食べる前に、野垂れ死んだら勿体ない(笑)
ちょっとあなたは食べることしか頭にないの!?最低!
重りを抱えて歩くようなもんだぜ。これはキツイ。
かわいそうな羊さんね・・・でもヘアカットしてもらって良かったですね。これからは定期的に刈ってもらいましょう。
カンガルーと一緒に写っている写真がメチャクチャ笑ってしまった。目の錯覚でカンガルーが小さく見える^_^
クリスの毛皮を使って、私のウールコートを1着作ってください。
毛を刈られた羊の肌が赤くなっていますが、感染症の恐れはないんですかね。
あれは感染症を予防するための消毒薬だそうです。
これが羊?巨大な豚かと思った(笑)
クリス君、君はこれから野生に戻らず、人間に飼育されたほうが幸せになれるよ。
私が羊の立場だったら今は最高の気分ですよ!
服を着すぎて暑さで死ぬことを考えると恐ろしくなる。
いまの羊は野生生活を送ることができないんだよ。人間と共存する選択肢しかない。
羊は数千年も飼育された人工的な動物です。やぎに似ていますが、全く違います。
たぶん、この羊は凄い異臭がしていたんじゃないかな。
イアン・エルキンスさん、大変お疲れ様でした!
見つかった時のクリスは歩くカリフラワーに見えますよ。
この動物保護団体とエルキンスさんのチームワークで羊が救われたのね。
風格のあった羊が、やせ細って見えます。
彼は重い荷物がなくなったんだ。急に素早く動けるようになったんじゃないかな。
この羊はメスです。
一緒に写っているカンガルーたちがびっくりしているよ。
クリスの足腰は相当丈夫なんだろうね。そうじゃなければ立てないよ。
人間の身勝手による品種改良の悲劇・・・・
わ~ セーターがいっぱい編めそう!!
毛を刈られた羊はヌードになって恥ずかしがっています^_^;
医者からダイエットが必要だって言われたことはなかったのかしら。
その羊の毛は洗ってそのまま私の掛け布団にしたい。
羊にとっては刑務所で生活する方が幸せなんです。
こんなにダイエットに成功したビフォー・アフターの写真は見たことない。
神いわく「持たざるものは幸いである」
オーストラリアの首都キャンベラって野生動物が出るようなところなんだね。
本当に良かったね!あとは風邪を引かないように気をつけてね。
クリスは世界で最もセクシーな羊ね。あなたのヌードに世界中が注目しているわよ。
私はラム肉が好きだから、クリスには興味がありません。
何年かぶりに跳びはねることができるようになりましたね。
オーストラリア人は人間の裸よりも羊の裸に関心があります^_^;
誰か私の脂肪も吸引して!!

残念ながらクリスが5年間伸ばし続けた毛は商業的な価値はないそうです。エルキンスさんは、どこかの博物館に引き取られ、世界記録の羊毛とし展示されることを願っています。たぶん、当分の間はこの記録は破られることはないでしょう。

オーストラリア当局はクリスの引き取り手を探しています。でも羊って大型の動物なので、しっかと飼える環境やノウハウが必要です。地元の農家で育てて貰うのが理想的なようです。これからは人間とともに第二の人生を過ごして欲しいです。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-3220414/Enormous-
Canberra-sheep-overgrown-fleece-gets-haircut-years.html
http://www.bbc.com/news/world-australia-34135805

これはひどいww野生に帰れない羊ってなんだかかわいそうかもしれないけど、家畜でもひどい扱いはされなそうだし、いいのかな?40kgって、よく足が耐えたな。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.