当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

【衝撃】スタッフも客も全員が真っ裸!裸の男女が集まるレストラン

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/17

w686
オーストラリアの都市、メルボルンにあるレストランでは驚きのイベントが開催されました。それはなんと『全裸レストラン』というもので、メルボルンで人気のラジオ局で働く二人がこのイベントを企画しました。

「どうなるか本当に不安だ。」と語る二人の心配を吹き飛ばすかの様に、店には大勢のお客さんが集まります。このイベントの目的は、自分自身の体を祝福し、自由を感じて、自分の体を愛することだ、とアンソニーさんは話します。

(今回のイベントを企画した、左:ジョーさんと右:アンソニーさん)
111

小さなアイデアが現実に

そもそものこのイベントの発端は、地元メルボルンでラジオ番組のホストを務める二人が、番組中に話題にしたあることからでした。

それは「裸で食事をするレストランがメルボルンにあったらどうだろうか。裸と食事は相性がいいんだろうか」というものでした。さらにアンソニーさんは「もし本当にあったら行きたい人がいるんだろうか」とリスナーに質問を投げかけます。

驚くべきはその反応でした。「面白そう!」「やってみたい!」という意見の電話、メールが殺到し、今回のイベント実現に繋がったのです。

(イベントに集まった大勢の人たち)
11

この実験的なイベントは一夜だけ限定で開催されることになります。協力した店は外から店内が見える窓をすべて覆い、参加者以外には中の様子が見えないようにします。さらに店のスタッフたちは全員裸にエプロンのみをつけて働きます。

開店と同時に、続々と人が集まりだし、店内はあっという間にいっぱいになります。参加者はまずバスローブ一枚を身にまとい、ウェルカムドリンクを口にし始めます。

ホストの二人を含む、多くのお客さんが少し不安そうに話し始めます。しかしその不安もすぐに解け始め、ついにイベントが始まり、席についた参加者たちは次々とバスローブを脱ぎ始めます。

(ロンドンでオープンしている裸レストランに訪れるお客さんたち)
12

外国人は裸に抵抗ないのか!?

実は、全裸で食事を楽しむ『裸レストラン』はメルボルンが最初ではありません。イギリス、ロンドンでも同じように開催され、予約でいっぱいになるほどの人気でした。

今回のメルボルンのイベントでも参加者たちは、戸惑うこともなく食事を満喫し、あえてバスローブを着ずに他の参加者たちと会話を楽しむ人も多かったそうです。

このイベントのテーマは『健康的で前向きな体を祝福すること』とのことで、お客さんたちは友人同士や、カップル、中には親子での参加もあったそうです。ホストの心配とは裏腹に、イベントは大成功で、皆大満足の様子で裸の食事会を過ごしました。

裸で食事をするというアイデアは、日本では到底考えられませんが、何より驚くべきは、これほど大勢の人が参加したということでしょう。

ヌードに対する価値観は文化によってそれぞれだと思いますが、世界の人たちはどのように感じているのでしょうか。海外の人たちの声をご紹介していきたいと思います。

参加した人のフェイスブックを見たんだけど、自然な気持ちで繋がり合えたって言ってたんだ。普通なら食欲なくしそうなもんだけどな。
マジかよ!何が楽しくておっさんの裸を見ながら飯を食わなくちゃいけないんだ!全く理解できないよ。
こんなの恥ずかしくてできないわ。シャワー何回も浴びて、どれだけ綺麗に化粧しても無理だわ。
嫌ならしなかったら良いだけさ。経験したことのないことに挑戦するのは良いことだと思うよ。やらなくて否定するのは良くないよ。
衛生的には大丈夫なのかしら?汚いような気がするんだけど。
イギリスにはもう十分変態がいるんだからこれ以上は勘弁してくれよ。
新しいダイエットになりそうね。食欲は減るでしょうね。それに太れなくなるし。
ヌーディストビーチだってあるんだからこれくらい大したことないよ。そのうちこういう連中が増えてくるんじゃないか。
俺は家ではいつだって裸だよ。開放感が良いんだよ。最初は違和感があるけどすぐ慣れるよ。
友達のカップルでヌーディストのやつがいるよ。家では常に裸なんだってさ。近所もヌーディストばっかりが住んでるところに引っ越したよ。やっぱりそういう人種がいるんだよ。
ちょっとこのレストラン行ってみたいかも。みんなが脱いでるなら何だか脱げそうな気がするわ。
まったく理解できないよ。一体どれだけ自分の体に自信があるんだよ。他の奴から見つめられたらどんな反応すればいいんだよ。笑
でも自分より太い人も細い人も皆裸だったら何も気にせずにいられるかもね。ビーチみたいに引け目を感じなくていいもんね。
イギリスの店はいつも予約がいっぱいらしいよ。物好きが多いんだね。
ここに行ってもし会社の上司と出会ったら最悪だね。一瞬で会社辞めるだろうな。
これって美人がいても見とれちゃダメなんだろ?難しいな。
裸の自分を受け入れるっていうのは良いと思うけどな。人前ではやっぱり怖いけど。でも自信は出てきそうだけどね。
やっぱり隠すべきところは隠すべきだよ。わざわざ裸になってまでご飯食べなくてもいいじゃないか。
皆生まれた時は裸だって言うけど、それに恥ずかしさを感じるってことはやっぱり隠すべきなんだよ。人間の本能的な防衛反応なんだから。
だめだ。僕には全く理解できない。

いくら海外の人たちはオープンと言っても、やはり人前で裸になるのは大きな抵抗があると思います。しかしながらイギリス、メルボルンの両方の店でもこんなに人が集まったというのは驚きです。

やっぱり集団になると怖くなくなるのでしょうか。ただテーマにあるように、自分の体を前向きに受け止める、という考えはすごく良いアイデアだと思います。

自分の体型を気にして、深く悩んでしまう人も多いので、こうやって色んな人たちが裸になって体について前向きになると、そういった不安はなくなりそうな気もします。でもやっぱり大勢の前で裸になるなんて、到底自分にはできそうにありません。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-3611850/Guests-strip-
launch-Australia-s-NAKED-restaurant-Melbourne.html
http://www.eater.com/2016/5/26/11789308/australia-naked-popup-restaurant
https://au.lifestyle.yahoo.com/food/news/a/31700232/australias-first-nude-
restaurant-melbourne/
http://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/news/the-bunyadi-
london-s-only-naked-restaurant-receives-first-reviews-ahead-of-public-
opening-a7071336.html

参加者がミランダ・カーみたいな人ばかりならいいけど、写真見る限り全く正反対じゃないか!

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2016年11月17日 10:28 PM

    バスローブかよ!

  2. 日本の名無しさん
    2016年11月17日 11:23 PM

    全裸レストラン日本でもやるって言ってたよね
    変なの持ち込まないでいただきたい

  3. 日本の名無しさん
    2016年11月18日 1:25 AM

    銭湯は恥ずかしがるけど、こういうのは平気なんだね。

  4. 日本の名無しさん
    2016年11月18日 8:00 AM

    銭湯やお風呂は、『お湯につかる』『体を綺麗に洗う』という目的があるけど、
    この食べるっていう行為に裸の理由が分からん。

    温泉や銭湯で裸を嫌がるのに、こういう変態な感じのは良いんだ。
    訳分からん。
    それとも、ヌーディストは温泉とか平気なんかな?

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.