当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

タバコを吸えば安産!?小さな赤ちゃんを望む10代の妊婦たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/17


オーストラリアで、10代の妊婦たちが胎児の出生体重を減らすために、喫煙を習慣化する傾向があることが発表されました。調査機関によると、幼い妊婦達は体が小さく、大きな赤ちゃんを産むことに最も不安を感じているそうです。

タバコのパッケージには「喫煙は胎児の体重を減少させる恐れがある」という警告文があり、自身の不安を抑えるために喫煙するそうです。しかし妊婦の喫煙は胎児の死産の危険性を高めます。

大きな赤ちゃんは怖い

オーストラリアで行われた今回の調査で明らかになったのは16歳前後の妊婦たちがより活発に喫煙をする傾向があるということでした。その原因は「自身の幼い体が出産に耐えられないかも知れない」という不安によるものだと言います。

そこから、「喫煙によって胎児の体重を少なくすることで、出産に対する不安を減らそう」という考えが生まれるのです。タバコを新たに吸い始める少女もいれば、すでに喫煙者の場合は意図的に喫煙量を増やしたります。

こうした行為に及ぶ少女たちのほとんどは、タバコのパッケージの警告文を見て「タバコを吸えば、赤ちゃんが小さくなるんだ」というような考えに至っています。

研究者チームは「彼女たちは、政府が伝えたいメッセージとは全く違う解釈をしてしまっています」、さらに「もっともショックを受けたのは、吸えば吸うだけ小さな赤ちゃんができる、というような考え方でした」と話します。

もっと赤ちゃんのこと考えて!!

しかし実際には、妊娠中の喫煙は死産、または赤ちゃんの喘息やアレルギーの危険性を高めることに繋がります。ある調査では、喫煙習慣のある妊婦は、そうでない妊婦の倍の確率で低体重児を出産すると発表されています。

さらにオーストラリアでは、妊婦の全体の18パーセントが喫煙していることが分かっており、その危険性が危惧されています。

未成年の喫煙や、妊婦の喫煙が特に有害なのは当たり前ですが、先進国では国民全体として『禁煙志向』に向かっている国が増えています。国によって喫煙に関する考え方は様々です。

では、海外の人たちは今回のニュースについてどのように感じているのか、ご紹介していきたいと思います。

私の知ってる限り、イギリスじゃ結構みんなが知ってる考え方よ。もちろん赤ちゃんへの虐待って言われてるけどね。
こんな世代と同じだと思われたくないね。
そもそも十代で妊娠するような子たちの喫煙率は高いし、学校にもろくに行けないからタバコに関する考えも適当なもんでしょ。
嫌な気分になるニュースだわ。こんな馬鹿げた考えになる子が母親になれるわけないじゃない。
こんなニュース流したところで馬鹿な妊婦は逆にタバコ吸い始めるぞ。
こういう考えが若い間に広がってるなんて本当に危惧すべき状態だよ。一体どうなってるんだこの国は。
そもそも十代で妊娠しないように気を付けないとね。幼くて子供が産めないと思うなら、子供を作らない事だわ。
無責任に子供が出来ちゃうような奴らに赤ちゃんのことなんて考えられる訳がないんだよ。
赤ちゃんのことを第一に考えて生活するってのが母親でしょう。私が妊娠していた時なんて口にするものすべてが心配だったわよ。
単純に母親になるっていう自覚がないのよ。
本当にこんな子たちがいるのか?ショックだよ。
最近の子たちなんて、タバコは吸うしエナジードリンクは毎日飲むし、ハッパだってやってるんだから、今に始まったことじゃないでしょ。
そんなちょっとぐらいの大きさで出産の痛さなんて変わらないわよ。どうしたって信じられないくらい痛いんだから。
学校にいた子が妊娠しちゃって、タバコ止めるのかなって思ってたけど、ずっと吸ってたな。結局その子は未熟児でしかも何かの病気になったみたいだったよ。子供がかわいそうだよね。
「すごく辛い思いをして産んだのよ」なんて言う資格はないわね。それよりも「あんたがチビで病気なのは、私が痛い思いをしたくなかったからよ」って感じかな。
妊娠の時に周りの話を聞いて怖くなるのは分かるかな。十代で妊娠すると皆が未熟者だと思って脅かしてくるのよ。甘く考えてると思ってね。周りがもっとサポートしてあげるべきよ。
私だって19で妊娠したし、出産が怖かったけど、タバコの事なんて一秒も考えたこと無かったわよ。
父親は何をしてるんだよ。黙ってタバコ吸わしてるのか?自分の子供なのに。
こんな馬鹿げた話、都市伝説だと思ってたけど、事実だとはね。
お腹の中で赤ちゃんがどれだけ苦しむか分かってるのかしら。タバコを溶かした水を無理やり飲まされているようなものよ。

未成年の喫煙は日本でもよく問題になりますが、その上妊婦の喫煙となると驚きです。赤ちゃんの健康について本当に心配にならないのか、周りの人たちはどうしているのか、疑問が湧くばかりです。

出産はとても辛いですし、母子の体に大きな負担がかかります。しかしそれよりも元気に生まれてきてほしいという母親の気持ちが勝るものだと思います。

出産の怖さは女性にしか分かりませんが、周りの人たちもしっかりとサポートして、健康な赤ちゃんを産める環境を整えてあげて欲しいです。

(参考)http://www.dailymail.co.uk/news/article-3637700/Pregnant-
Australian-teens-taking-smoking-make-babies-SMALL-scared-labour.html
http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/health-
news/smoking-pregnancy-teenage-girls-australia-deliberately-smoke-
cigarettes-smaller-babies-labour-a7090486.html

世も末だ。もうたまごっちかファービーでいいじゃないか。

今日の人気記事

まだデータがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧
  1. 日本の名無しさん
    2017年2月18日 12:14 AM

    通常の時と煙草喫煙時のエコー写真を比べたやつを見たことあるけど、赤ちゃんの苦しそうな顔が印象的だったよ…。

  2. 日本の名無しさん
    2017年2月19日 1:18 PM

    子供のくせに淫乱行為だけすんなっ❗ぼけっ

  3. 日本の名無しさん
    2017年2月19日 3:55 PM

    糖質制限したら赤は大きくならないよ。まずケーキやポテトフライ、コーラなんかの血糖値爆上げ糖質のドカ食いやめなよ。

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.