当サイトについて

日本の魅力を発掘するだけでなく、他国の環境・法律・文化などを見て、いかに日本が素敵な国かを見直すサイトになります。

龍のような女性?!キリン女性が住む神秘的な村とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/08/08

kubinaga
女性が自分を魅力的に見せたいと思うのは生来のもの。化粧や洋服など様々な方法で少しでも綺麗に見えるようにと努力するものです。

逆に男性からいうと、どんな女性を魅力的に感じるかはそれぞれの好み。よって様々な流行や好みがうまれるものです。

タイのある村で魅力的な女性の条件

もちろん世界のあらゆる所にも、その土地ならではの女性を魅力的にみせる条件があるのですが、実はタイのある村にとても興味深い習慣があるのです。

というのもその土地の女性たちはキリン女性という名称をもっています。なぜまたそんな奇妙な名前が?その理由はというと、首が長いから。

kirin1

でも生まれつき首が長いのではありません。あえて長くしているのです。それだけではなく、その長い首に首輪がつけられているといいます。

想像がつかない人は電気コイルを思い出してみるといいでしょう。導線がグルグルと輪っか上に連なっています。金のあのコイルのような首輪が女性の首にあって、それが首を長くしているというわけです。さてどういうことなのでしょう…。

キリン族の女性とは

1980年の終わりから1990年の初めにかけて、この民族の大多数がビルマの独裁から逃れるためにタイにたどり着きました。

ビルマはこの民族を撲滅しようとしていたので彼らは逃げることを余地なくされ、シャムという地の山奥に住みつくようになり、彼らは現在ビルマ人でもタイ人でもなく法律上不確かな立場にあります。

つまり国籍や民族分類がはっきりしていないということです。
この首輪は女性たちをまるで龍のように見せる効果があるといいます。

kirin2

彼らの文化の中で龍はとても大事なシンボルで、その龍が女性たちを山の危険や病気から守ってくれると信じられています。

もし女性がこの首輪をつけていなければ、人生において多くの問題にぶつかり健康問題をかかえるようになり、繁栄せず夫に不忠実な女性になると言われています。あくまでも言い伝えですが、とある研究者は語っています。

この首輪をつけるかどうかは親の決定に任されていますが、彼らの文化は「首輪のある女性がとても魅力的」なのでほぼ大部分がつけることになります。

5歳から12歳の間に首のサイズに合わせて最初の輪がはめられ、そこから更に次々に輪が付け加えられ、最終的には首全体がこの輪で覆われるわけです。

最初の輪は1キロほどですが、大人になるにつれて次々と付け加えられ、最終的な重さは10キロほどになるそうです。

一回つけると夜寝る時もシャワーを浴びる時も決して外すことはなく、万が一外すことになる場合は社会的立場を失い二度とキリン女性に戻ることはできません。

さてこの興味深い文化、一見大変そうにも見えますが、世界の目にはどう映るのでしょうか。

初めて彼女たちの姿をテレビで見たときは本当に驚いたよ。僕の目にはどうしても美しくはうつらないけどね…。
10キロにもなるものを一生涯首につけとくの?ありえない。
肩こりひどいだろうな。
アジアはいろんな伝統や習慣に縛られて大変そう。文化として継承したいなら構わないけど、それで社会的に認められるとか認められないとか、もっと個人を尊重してもいいだろう。
とにかく何をするにも邪魔だと思うんですけど…。慣れなのかな。
だいたい龍時代空想上の動物だろ?龍が人間を守るなんて到底無理な話だね。現実に目をむけろ!
ここに生まれなくてよかった…。
普通にオシャレができて、自分の好みで服とか物とか選べて、それって当たり前じゃないんだな。
文化ならいいんじゃない?まあ私はごめんだけど。
悲しい独裁政治の名残かもしれないね。どんどん奥地に追いやられて、外との接触を断たれて、自分たちだけの独自の習慣やを創り出していく。彼らの目が開けて外の世界を知ったときどう感じるんだろう。
いや、寝れないでしょ。しかも首の部分はあかだらけになるんじゃない?衛生的にもどうかな…。
見る分には興味深いし面白そうだけど、自分がそれを生きるとしたら遠慮します。
普通に怖いんですけど。
僕の目には拷問にしかうつらないよ。哀れに見えるのは僕だけかな。
姿勢はよくなりそうだな。肩こりはひどくなりそうだけど。
首輪がないと美しくない?いや、首輪がないほうがよっぽど美しく見えるんですが。好みは人それぞれなのかな。正直かわいそうに見えてくる。
寒いところならまだしも、これで暑い場所だなんて耐えられないな。
その場所にいればこの首輪は普通でも、もし外に出ていって働くとかなるときっと許されなくて取らざるをえなくて、それで地元に帰ったらもう一族として認められないってなるのか?結局一族が絶えないように縛ってる気がしてならない。
したい人はしたい、したくない人はそれでいい、っていうわけにいかないのか。少数民族の悲しさだ…。個人で決定して選べないっていうね。
タイの男性よ、目をもっと大きく開けて他の女性を見るんだ!女性の美しさは首輪じゃないぞ!
彼女たちがほかの国の女性を見たらどう感じるんだろう。同じようなオシャレしたいと思わないのかな。それとも社会的立場を失うのが怖い気持ちが大きいのかな。
5歳ってまだ小さな子供だよ。そんな子にこんな重いものはめたら背も伸びなくなるんじゃないか。
国籍不明か…完全に孤立してしまったな。
伝統って結局は作り話。それを恐れて習慣を守るのはおかしい。

一つの文化として客観的に見る分にはとても興味深いこの習慣ですが、実際に個人の自由が服装の面においても尊重される国に住む私たちにとって、自分がそこに生まれていたらと考えるとやはり受け入れがたいものです。

伝統や伝承に縛られず開かれた文化の中で、それぞれ自分の好みによって決定できることは、当たり前のように思えて実は当たり前ではないのかもしれません。

魅力的な女性は国、地域それぞれだと思ったけど、これほど変わった価値観を持っている民族があるなんてびっくりした。

首輪を付けたからと言って龍に見えるというのは、少し無理があるようにも思えるので、何も付けないほうが良いのでは?と思ってしまう。

今日の人気記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント一覧

コメントをする



Copyright © 2014 黄金の国ジパング All Rights Reserved.